杉山てつや評価

杉山てつやさんのてつやの株でのトレードの流れをおおざっぱに説明すると、

会社四季報を使って銘柄選定 → 移動平均線と値動きの位置関係からチャンスを待つ → MACDなどを使った注文条件を満たしていたら買い注文

といった流れになります。


決済に関しては、もっとも弱気なルールに関していうと、ローソク足の値動きだけを追っていけばよいので、複雑な判断を迫られることはありません。


毎日のトレードをよりスムーズに進めるためのアドバイスとして、てつやの株では監視する銘柄でトレードチャンスが近々ありそうか?しばらく待ちそうか?

でグルーピングを行い、チャンスが近々やってきそうな場合には毎日1回はチェックするようにして、それ以外はチャートをチェックする頻度を落とすようにという話をしています。


杉山てつやさんのてつやの株を実際に使い始めるとわかりますが、銘柄選びは比較的、パパッと進めることができるものの、

トレードチャンスに関してはひたすら待ち続けないといけません。


結果として、監視対象の銘柄がドンドン増えテイク可能性もありますので、毎日の相場チェックをスムーズに進められるようにしておきましょう。