移動平均線の見方・使い方について

杉山てつやのてつやの株では、移動平均線が使われています。

移動平均線は、ボリンジャーバンドはもちろんのこと、MACDやストキャスティクス、RSIなどさまざまなテクニカル分析のベースとなっているテクニカル分析です。

超オーソドックスでありながら、相場でも最も使われることの多い分析ツールとなっています。


移動平均線にもいろんな種類がありますが、単純移動平均線の場合は、過去の指定期間分の終値の平均値をつなげていったもの。
時間をさかのぼればさかのぼるほど、終値にバイアスをかけて数値を小さくして平均値を取っていくのが、指数平滑移動平均線などです。


ただいずれにしても重要なのが、移動平均線がどうして相場で有効に機能するのかというと、ダウ理論の原理原則に基づいているから。
ダウ理論の一つに「相場は平均に回帰する」という言葉があるように、値動きというのは平均値を目指す動きを見せることが多いんです。


相場はトレンドが出ている時もありますが、相場全体でみると、はっきりとしたトレンドが出ているのはごく一部の期間でしかありません。
たいていは同じ値幅を行ったり来たりするだけのレンジ相場。レンジ相場でも、値動きに乏しくなればなるほど、移動平均線をなぞるような動きを見せるようになります。


杉山てつやのてつやの株を実践するにあたっては、値動きが移動平均線に吸い寄せられていないか?を注意深く見るようにしてください。
3本の移動平均線が1本にまとまるような値動きを見せるようになったら、当面は、目立った上昇も下落も見せないと思ったほうが良いです。

杉山てつやのてつやの株でのトレード条件が整ったからと言って、安易にトレードをしてしまうと、ぱっとした値動きを見せないまま、また移動平均線付近まで引き戻されることが多いです。
相場では、待っていればチャンスなんていくらでもやってきます。あえて難しい相場に飛び込まなくても、もっとわかりやすいところでトレードできるチャンスはやってきます。


トレンドが出始めると、今度は移動平均線は値動きを支えるような値動きを見せるようになります。値動きが移動平均線に近づくと、値動きをトレンド方向に押し戻すような働きをするようになります。
こんな感じで、わかりやすい相場でトレードすることも、杉山てつやのてつやの株で勝つためには重要な要素になりますよ。





杉山てつや評価

杉山てつやさんのてつやの株でのトレードの流れをおおざっぱに説明すると、

会社四季報を使って銘柄選定 → 移動平均線と値動きの位置関係からチャンスを待つ → MACDなどを使った注文条件を満たしていたら買い注文

といった流れになります。


決済に関しては、もっとも弱気なルールに関していうと、ローソク足の値動きだけを追っていけばよいので、複雑な判断を迫られることはありません。


毎日のトレードをよりスムーズに進めるためのアドバイスとして、てつやの株では監視する銘柄でトレードチャンスが近々ありそうか?しばらく待ちそうか?

でグルーピングを行い、チャンスが近々やってきそうな場合には毎日1回はチェックするようにして、それ以外はチャートをチェックする頻度を落とすようにという話をしています。


杉山てつやさんのてつやの株を実際に使い始めるとわかりますが、銘柄選びは比較的、パパッと進めることができるものの、

トレードチャンスに関してはひたすら待ち続けないといけません。


結果として、監視対象の銘柄がドンドン増えテイク可能性もありますので、毎日の相場チェックをスムーズに進められるようにしておきましょう。

杉山てつや口コミ

杉山てつやさんのてつやの株を使えば、2013年5月には5000万円以上もの利益を得ているように、

毎月給料の何倍もの利益を得られるようになるのも夢ではありません。


あなた自身も、株式トレードで稼いだ利益だけで生活できるようになるのを目標にしているかもしれませんが、

その目標に至る前には、いくつもの乗り越えなければいけない「壁」みたいなものがありますので、

杉山てつやさんのてつやの株を手に入れて数日後にいきなり、杉山てつやさんみたいなトレードができるようになるとは思わないようにしてくださいね。


てつやの株を手足のように使いこなし、勝つべき時に勝ち、負けるべき時にはきっちり損切りをしていくためには、

まずはルールを100%身に着けることが重要で、ルールにそぐわないトレードを限りなくゼロにしていく必要があります。


ただ手法を身に着けている過程においては、どうしてもルールの解釈を間違えがちで、ミストレードをやってしまうことが多いので、

まずはそういったミスをできるだけ少なくすることを心がけていください。


ミストレードで運よく勝ったとしてもそれは本当の実力ではありませんから、

ぜひルール通り「勝つべき時に勝ち、負けるべき時に負ける」トレードができるようになってくださいね。